規制を上手く利用してみる

規制を上手く利用してみる

少額融資として利用できるカードローンでは、総量規制という特殊な規制が適用されます。これは、銀行の大型の融資に対して適用されない規制であるため少額融資とそれ以外の融資を分類する指標として利用されることもあります。

 

総量規制は、消費者が利用できる融資の金額に上限を設ける規制のことを言います。例えば、銀行で住宅を購入するためにローンを利用するときには数百万円から数千万円という非常に大きなお金を利用することが可能です。しかし、総量規制が適用されるカードローンでは本人の年収の三分の一までしか融資を受けることが出来ません。だからこそ、総量規制が適用されるサービスは必ず少額融資と呼ばれているのです。

 

ただし、この総量規制は融資の枠を決定するだけではなくお金の借り方に関しても大きな影響を与えます。総量規制によって設定されたその人の融資の枠は、全ての少額融資のサービスに適用されます。

 

つまり、100万円を上限として融資が決められたときには一つの機関で80万円のお金を借りたとしても別の機関で20万円のお金をさらに借りることが出来ます。決められた枠内ならばどのように借りても本人の自由なので、好きにお金を借りることが出来るメリットがあります。

 

カードローンには、このように消費者保護と貸し出しの自由を保証する規制が存在するのです。

 

最低限の知識として知っておく必要がありますので、急ぎで借りる即日融資の利用であるとしても、上記の内容についてはしっかりと理解をしておいてください。