雇用形態と利用条件

雇用形態と利用条件

終身雇用制度が崩壊した昨今、派遣社員やパートなどの非正規雇用で働く人の割合が増えてきました。

 

中には、正社員でブラック企業勤務という状況を避けるために、敢えて派遣社員やパートとして働いている方もいるかと思います。また、働いている分野によっては、特定の企業に勤めるのではなく、フリーランスとして生計を立てている方もいらっしゃることでしょう。

 

このように、働き方に多様性が増してきているというのが現在の状況となるのですが、いわゆる「正規雇用」ではない人にとって、気になることの一つがカードローンが組めるのかという問題です。

 

結論から先にいうと、非正規雇用でもカードローンの審査に通ることは珍しい話ではありません。非正規雇用であっても、ある程度の期間、安定した収入があれば、問題のないカードローン提供会社は確かに存在します。ただし銀行は難しいので、消費者金融から借りるプロミスのカードローン審査やその他のキャッシングサービスを利用することとなります。

 

ただ、正規雇用の方と比べると、そのことが原因で審査に落ちることが現実問題としてありますので、「パート・アルバイト可」などと明記されているカードローン会社を選定するか、インターネット上の口コミなどで非正規雇用でもカードローンに入会することができたという声をもとにカードローン会社を選定するのが無難でしょう。